« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の1件の投稿

2007年4月 8日 (日)

もの忘れ症状・・・

ついこの前のことすら、スンナリ思い出せないことが良くある。まだご飯食べたか?、否か?まではいってないことはありがたいことではあるが、この頃は細心の注意がいることを肝に銘じておかねば・・・。ということでブログ停滞状態の間にも大したことがあった訳ではないがそこそこのことはあった。そのそこそこがすぐ忘れてしまうので今日はまだら記憶なりに書いておくことに。

さて今年の桜開花には気象庁の予測はずれとかあり、花見においては我々専門外の一般人の体感予測の方がマシ!という感じだった。我がサークルで満開を予測した日の花見は風が強かったのを差し引けば「当たり日」だった。 

P3310064 弁当持って、お酒酌み交わし車座になって桜の下でのこんな光景、日本人特有の物、桜に寄せる思いがそれぞれにあるというのだろうが・・・・・。 

                           P3310030   

 この桜の季節あちこちで、桜という名が入った曲が流れているのを耳にする。ドラマを楽しみに見るなんてことない私が「東京タワー」だけは見ていた。初回からここという持ち上がりの場面の時の挿入歌、これがさらにドラマを盛り上げていく、、、、コブクロの「蕾」という曲だった。ネットで調べるとまだ発売されてない。発売された日にゃ買うぞー!、の私だったがその前にこの話をうるさいぐらい聞かされていた友人の彼女が素早くも買ったという。しかもCDに焼いてくれるという、ラッキーな私。今日持ってきてくれてうれしかったなあ。

それと今にして改めてこの人の良さを確認しているCDがある。世良公則。彼はステキに歳を重ねているなあと、ここ最近思っていたがレンタル店でふっと目に留まった1枚のCD Scan10005

バラード、ということで聴いてみたいと借りた。私が高校生位のとき、ウド・ユルゲンスと言う歌手が出した「別れの朝」という曲を彼が歌っているのを聞きたかったから。この曲はポップスではスタンダードになっているほどの名曲。ペトロ&カプリシャス、高橋真理子などで歌い継がれているものだ。私は世良さんのこれには文句なしの花○。彼には上品な色気がこの頃はプンプンするのだが?

蛇足だが私のリクエストとしてこれも昔の名曲、ダスティ・スプリングフィールドが歌って大ヒットした「この胸のときめきを」なんぞを歌って欲しいな~。きっとイケルはず!!   何かに思いが馳せたとき忘れずに書いておかなくちゃ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »