« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の1件の投稿

2007年1月30日 (火)

明けましておめでとうございます・・・ん?

前々略

昨年末は何とか、11,12月と大、小のコンサートも無事終わらせ、やっとプレシャーから開放された。そして周りの師走特有の慌しさが感じる中、新年の準備といってはムダな買い物をしてしまういつものパターン。今回は硬く誘惑に負けない!。意地でも「買わない」を実現した。というのもちょっとリッチにレストランのおせちの詰め合わせが届く、、、てはずにしていたからだけど。

という所までは、ゆっくりできてよかったね。なのだが我が家の猫達が、元旦早々、体調がおかしい・・。それも見るからにどんどん悪い症状がでてきている。今、世間ではどこも正月休みなんだぞ・・。動物病院の救急はないよ!こんな時の為に私は自分の抗生物質薬をストックしておいたものを体重に合わせて切り刻んでは飲ませようとしても吐いてしまう。

外敵に強いミーちゃんが病気の運び屋だったと思うけど新入りランちゃんに移りそれから2日ほどして老猫のチャーに移りとひどいことになった。移したミーちゃんは大したことなく次に移されたランは数日で快方にむかったがランが移したチャーがとても症状が重くなった。高齢ということと無菌状態の室内猫だからだろう。3日間の正月休み明け一番で病院へいったがそれでも一向に改善がなく、猫風邪に加え食べれない状態だった為肝臓も相当悪くなっていた。4日から日曜も欠かさず3週間抗生剤注射と、点滴に通うことに。もしかすると14歳のチャーはダメかもしれないと思ったのも確かだ。しかしどんなことでもして助けたいとあきらめず、傍でずーと様子を見ながらの看病の日々。、一進一退、20日過ぎたころに生気のない瞳から少しずつチャーらしい鋭い目に戻ってきている。少しだが食べ物も欲するようになり、3週間近く何も食べなかったのが一口食べた時の嬉しさは 涙がでそうだった。おかげで(生還したからいえるのだけど)このひと月私はこの子に寝る間もけずられて、三度の食事もまともに進まなく・・・・なにもできないまま1月が終わったのだ  ・・・・「新年おめでとう」どころじゃなかったもんなあ・・                                        

                      P1090053_2 P1090057  P1060048       P1130058           P1170076               P1140064 P1180078 P1180083 P1240099    

 →   こんな経過を経てようやく毛づくろいするようになったのね!        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »